給与支払報告書(総括表)の記入例・書き方・注意点など

毎年1月末までに提出する給与支払報告書の総括表についてです。

もし対象の市区町村から送られてこなければ、その市区町村のホームページからダウンロードできるケースがほとんどです。

ホームページ上になければ、他の市区町村のを「給与支払者番号」などの固有情報を消して使えば問題ないと思います。

タップできるもくじ

給与支払報告書とは

給与支払報告書とは、給与支払者(法人・事業主等)が、従業員等に対して支払った前年中の給与額などを市区町村へ報告する書類です。

給与支払報告書の提出の流れ

個人明細書については「給与支払報告書(個人別明細書)の記入例、書き方、注意点など」でまとめてますのでよかったらご覧ください。

給与支払報告書(総括表)の記入例、書き方、注意点

記入例は下記の通りです。市区町村によって様式が異なるので、項目ごとに多少変えてくださいね。

給与支払報告書(総括表)の記入例、書き方、注意点

給与支払報告書(個人別明細書)を市町村に提出する場合には、そのまとめとして、提出する市町村ごとに、この総括表を1枚ずつ添付して提出してください。
書き方は次のように記載してください。

項目記入内容・注意点
給与の支払期間給与を支払った期間を記載
給与支払者の個人番号又は法人番号個人番号は左側を1文字空けて記載
給与支払者の名称又は氏名給与支払者が法人の場合は、個人の場合は氏名を記載
所得税の源泉徴収をしている事務所又は事業所の名称源泉徴収している事務所
連絡者の氏名、所属課、係名及び電話番号市役所から電話がかかってきたら対応できる人を記載
関与税理士等の氏名及び電話番号(私は自身で作成し、税理士に見てもらってないので空白にしてます)
提出区分(年の途中までの退職者についてなら「退職者分」、それ以外の年間分なら「年間分」で)
受給者総人員1月1日現在において、給与の支払を受けている在職者総人数
提出市町村数給与支払報告書(個人別明細書)を提出する市町村数を記載
(空白で出してますが、注意されたことはないですね)
報告人員それぞれの人数を記載
特別徴収納入書必要・不要納付書が必要かどうかを書きます
(不要に〇をすると5,6月頃に決定通知書が送られる時に同封されてないです)

提出方法などについては

給与支払報告書(総括表)の手続き上の注意点」に詳しく書いてますのでよかったらご覧ください。

普通徴収切替理由書 ( 兼仕切書 )の書き方、記入例についてはこちらをご覧ください。

また、この時期に税務署へ提出する

「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」

の書き方、記入例、提出方法もこちらにまとめますので良かったらご覧ください。

住民税処理を楽に簡単にする方法

住民税処理は徴収、納付は毎月発生し、給与支払報告書は年末年始の忙しい時期に処理しないといけないなど、結構大変です。

しかし、給与計算ソフトの「」を使うと、簡単に住民税に対処することが出来ます!!

住民税でができること

  • 住民税額の更新を一括で処理(市区町村から通知書が届いたら、変更が必要な住民税額を一括でfreeeにインポート)
  • 住民税の特別徴収の計算(住民税額の更新を行ったら、毎月特別徴収する従業員の給料から住民税を控除し、そのまま給与明細を作成)
  • 給与支払報告書にも対応(年末調整の時にワンクリックで各市区町村に提出する給与支払報告書を作成)

私は社長に「人事労務freeeは1か月無料で使えるから試していいですか? 」とテストで使い始めて、このようなメリットで社長を説得し実際使い始めて、給与計算がとても楽になりました。気になる方はをチェック!!

公式サイト 

書類選考の通過率は90%以上の転職エージェント

私も転職活動で感じましたが、書類選考に落ちるの、けっこうしんどいですよね。

転職エージェントのは、ひとりひとりの経歴をしっかりヒヤリングし、書類選考に受かる書類作成をサポートしてくれます!結果、書類選考の通過率は90%以上。

このNO-LIMITは、上場企業の株式会社アシロが運営する会計士専門の転職エージェントとして有名ですが、経理専門の転職エージェントでもあります

会計士専門と聞くとハードワークなイメージですが、

  • 「ワークラフバランスの実現など希望の転職が叶う」
  • 「経理・財務のテレワーク求人多数」

とPRしていることもあり、本人の希望に沿った求人をしっかり選んでくれます。

ネット・TVなどの広告もほとんど見ないサービスし、求職者のライバルも少ないと思うので、早く登録しておきたい1社です。

\ 会計士でなくても経理経験者ならOK! /

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる