健康保険「被保険者資格喪失届」の記入例、書き方、提出方法、注意点など

退職時に必要となる健康保険の説明です。

退職後すぐに処理しないと、退職した人は次の保険加入でトラブルになる可能性があります。

テキパキ処理しましょう。

 

ちなみに、雇用保険の喪失手続きは「雇用保険被保険者資格喪失届の記入例、書き方、注意点など」にまとめてます。

スポンサーリンク

健康保険・厚生年金保険の「被保険者資格喪失届」の仕組み、手続きの流れ

健康保険・厚生年金保険–被保険者資格取得届の記入例、記入方法(書き方)、注意点

健康保険、厚生年金保険とは

健康保険とは、従業員やその家族の人が病気や怪我になった時に費用の一部を支給してもらう制度になります。

厚生年金保険とは 、高齢になった時や障害の状態になった時はなくなった時など 年金が支給年金が支給される制度になります。

この2つの手続きは法律で加入することが義務付けられているものです。

担当の役所は、年金事務所になります。

対象者は?

社会保険では、退職や離職して保険加入をやめることを「喪失」といいます。 この届書は、以下の場合に使います。

  • 従業員が退職した場合
  • 60歳以上の方で退職後に継続して再雇用した場合
  • 従業員が死亡した場合
  • 従業員が75歳に到達した場合
  • 障害認定を受け後期高齢者医療の資格を取得した場合

どの書類を?

「健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届/厚生年金保険70歳以上被用者不該当届」(上の写真の書類です)

添付書類は?

・健康保険被保険者証(本人分及び被扶養者分)

—>なくても処理できますが(⑦を「返不能」で)、年金事務所から催促の手紙が来るので、できるだけ添付した方がいいです。

 

・高齢受給者証 などの支給物

どこへ?

事務センターへ郵送します。

雇用保険と違い、決定の通知書は郵送されるので、返信用封筒は必要ありません。

だれが?

会社が手続きを行います。

いつまでに?

退職などの保険喪失の事実発生から5日以内

スポンサーリンク

健康保険・厚生年金保険–被保険者資格取得届の記入例、記入方法(書き方)、注意点

健康保険・厚生年金保険–被保険者資格取得届の記入例、記入方法(書き方)、注意点

事業所整理記号・事業所番号は新規適用時等に付された記号・番号を記入。

事業主の押印は、自筆の場合は必要ありません。

 

①被保険者整理番号: 保険証等に書いてあります。

②氏名: 氏名は住民票に登録されているものと同じ氏名を記入。

③生年月日: 年号は該当する番号を○で囲んでください。

④個人番号: 本人確認を行ったうえで、個人番号を記入。

基礎年金番号を記入する場合は、年金手帳等に記入されている10桁の(基礎年金番号)番号を左詰めで記入。

⑤喪失年月日: 下記の通り、喪失年月日を記入。

退職等による資格喪失——>退職日の翌日

死亡による資格喪失——->死亡日の翌日

75歳到達による健康保険の資格喪失—>誕生日の当日

障害認定による健康保険の資格喪失—>認定日の当日  

(健康保険は退職日の翌日が喪失日となり、雇用保険は退職日が喪失日となります。間違いないように注意しましょう。)

⑥喪失(不該当)原因: 該当する番号を○で囲んでください。

退職・死亡の場合は、その当日の年月日を( )内に記入。

4.退職等—->退職した場合、雇用契約の変更等により被保険者の適用対象外となった場合、退職後に継続して再雇用した場合

5.死亡—> 死亡した場合

7.75歳到達—> 75歳に到達したことで後期高齢者医療に該当し、健康保険の被保険者資格を喪失する場合

9.障害認定 65歳以上75歳未満の方で、障害認定により後期高齢者医療に該当し、健康保険の被保険者資格を喪失する場合

スポンサーリンク

健康保険・厚生年金保険–被保険者資格取得届の注意点

間違いやすいのが、退職日の翌日が喪失日という点ですね。

それと、パートなど正社員ではない人で保険加入している人は忘れることも多いので注意ですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました