給与計算チェックリスト~チェック方法や確認方法、ポイントなどを徹底解説~

給与計算する度に、「準備しておくことは、、」「何を確認したらよかったかな~」といつもなりますよね。

今回は、そんな時使って欲しいチェックリストを準備してみました。

私はこのチェックリストを毎月印刷して赤でチェックして、すべて消したら「給与計算終わり!」としてます。

こうすれば、いつまでも不安な気持ちが続かず、給与計算に区切りをつけれます。よかったら使ってみてください。

タップできるもくじ

給与計算チェックの基本

給与計算、チェックの際の注意点をあげると下の様になります。

  1. 何度もチェックする
  2. 自分以外の人にチェックしてもらう
  3. 情報の入手・出所をはっきりさせ、記録が残るようにする(いつ誰に言われたなど)
  4. 各手当、支給計など各合計の対月比などの比較(桁がづれてないか?など大きなズレを防ぐため、例えば、入社1名、退社2名で月の手取り平均が20万円なら20-20×2=-20万円ぐらいの対前月比になっているか、というような概算チェック)

このあたりを注意すれば、ミスというか社内問題にはなりにくいかと思います。

言った言わないであったり、社員・上司の思い込みであったり、ミスというかクレームは絶対に発生します。クレーム時に対応できるかどうかの問題だと思います。

給与計算前の確認ポイントと対策

  1.  今月入社した社員(中途社員・新入社員)はいますか?
  2.  退職者がいる場合、退職処理はいつですか?
  3.  結婚や子どもが生まれるなど、扶養親族が変更した社員はいませんか?
  4.  転居などによって住所や交通費の変更のある社員はいませんか?
  5.  昇給などで基本給や残業等が変わる社員はいませんか?
  6.  今月は算定基礎や月額変更などで健康保険・介護保険・厚生年金保険等の料率が改定される月ではないですか?
  7.  タイムカードなど計算に必要なものは準備できてますか?
対策や予防策

社員別、月別のイベント発生・予定記録を作成した方が防げます。

(Aさんは6月から産休、Bさんは2月に係長昇格手当変更済、全社員10月健康保険料変更予定など)

給与計算中の確認ポイントと対策

  1. 何月分の処理か確認しましょう
  2. 処理が済んでいない社員が残っていないかを確認しましょう
  3.  振込先の登録は間違いないですか
  4.  有給の付与や消化は間違いないですか
対策や予防策

給与計算ソフトの帳票機能、エクセルの人は合計を集計・リンクなどで、並び替えや前月データから引き算をするなどして、未処理や変化を確認します。

Excelで給与計算している人へ

社員数が少ないなどの理由で、給与計算ソフト買ってくれない、、、私も以前そういう会社にいました。

手計算はしんどいし、同じ計算を繰り返すのは無駄が多いですね。そんな時、私は社長に「は無料で30日間使えるから試してみていいですか? 」とテストで使い始めて社長を説得した経験があります。

気になる方は「 」の公式サイトをチェック!!

公式サイト 

給与計算後の確認ポイントと対策

  1.   給与明細書の印刷は済みましたか
  2.   住民税は翌月10日までに納付し、退職などの異動は異動届を出しましょう
  3.   給与は期日までに振り込みましょう(振込予約は済みましたか?)
  4.  退職者へは退職金の準備はしましたか
  5.  賃金台帳の印刷はしましたか
対策や予防策

チェックリストへの赤チェックや処理の再確認でモレを防ぎましょう。

書類選考の通過率は90%以上の転職エージェント

私も転職活動で感じましたが、書類選考に落ちるの、けっこうしんどいですよね。

転職エージェントのは、ひとりひとりの経歴をしっかりヒヤリングし、書類選考に受かる書類作成をサポートしてくれます!結果、書類選考の通過率は90%以上。

このNO-LIMITは、上場企業の株式会社アシロが運営する会計士専門の転職エージェントとして有名ですが、経理専門の転職エージェントでもあります

会計士専門と聞くとハードワークなイメージですが、

  • 「ワークラフバランスの実現など希望の転職が叶う」
  • 「経理・財務のテレワーク求人多数」

とPRしていることもあり、本人の希望に沿った求人をしっかり選んでくれます。

ネット・TVなどの広告もほとんど見ないサービスし、求職者のライバルも少ないと思うので、早く登録しておきたい1社です。

\ 会計士でなくても経理経験者ならOK! /

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる