給与計算を間違えた時の処理方法~訂正?翌月差額支給はアリ?~

給与計算を間違えた時はみなさんどうされてますか?

間違えられた社員はめちゃ怒ってるし、上司は怒鳴ってくるし、、、逃げ出したくなりますよね(泣)

訂正方法は、多くが「次の月に修正する」、「現金(又は振込)で差額支給する」のどちらかです。

状況に応じて違ったりもするので、テキパキ対応して早く終わらしたいものです。

給与の計算方法の全体については「給与計算の基本と流れ」もあわせてご参照ください。

タップできるもくじ

よくある給与計算間違いトップ3

業種や計算法などによってミスは様々ですが、経験上下の3つが多いと思います。

1、残業代計算間違い

残業代の付け忘れや残業時間の計算ミスなど毎月変動する残業代は間違いやすいですね。

2、昇給など個人情報更新忘れ

昇給や引っ越しや結婚、40歳の介護保険料摘要など個人毎のイベント更新は忘れやすいですね。

3、コミュニケーションのミス

いわゆる「言った言わない」です。そして「そういうつもりではなかった」もです。

メールなどで記録は残しているからと安心している人も多いですが、対象者や範囲などで解釈が異なる場合ミスが発生しやすいですね。(例えば、+1,000円なのか、1,000円支給なのかとか)

給与計算にこの本がオススメです!!

給与計算の間違え対応法

対応方法で主なものは以下の通りですが、まず、その社員に対して「あやまりと説明」をしましょう。

状況によっては、給与計算担当者は悪くない場合もありますが、差額の修正方法などでその社員とやり取りすることになりますし、少なくとも状況説明は必要となります。

①次の月に修正する

前の勤務先は、残業代が支給されないようなブラックの会社だったので、ほとんど給与の修正と言うか、変動・変更がありませんでした。つまりほぼ固定だったので 間違えることもほとんどありませんでした。

つまり現金でやり取りするというのは、まずない状態でした。

そうなると、家族が増えた減った等で変更があった時の手当の修正は、 次の月の金額にプラスマイナスして 修正するというのが基本的なスタイルでした。(勤務時間や各手当ごとに調整します。他の科目は、課税設定などでミスするリスクがあるので避けた方がいいと思います。)

②間違えた差額を現金でやりとりする

今の職場では、残業代や出勤時間の計算をきっちりして、細かく出すので(まあ、これが普通ですが、、、)ミス等で修正がたまに発生します。この時、次の月に持ち越すのではなく、給料を支払った数日後、ミスが発覚した時点で修正した差額を現金でやり取りするというスタイルをとっています。

②「現金のやりとり」より、①「翌月修正」の方が好ましい

人の出入りが多かったり、色々な事情で現金支給することも 多いとは思いますが、現金でのやり取りをする際に気をつけたいのが雇用保険や税金の取り扱いです。

特に税金は、現金でも支給をした際は、支給した日の給料になるので月をまたいでしまえば 翌月の給料に入ってしまいます。

翌月10日に納付している源泉と所得税の税額は変更になってしまうので気をつけましょう。更に年末調整等で年が変わると修正書類が多く、ややこしいので気をつけましょう。

これらの税金の問題や現金の処理での二重ミスなどを考えると翌月給与で修正するのが一番楽ですね。

そもそも給与を修正する必要がないことが一番なので正確な計算を心がけたいものです。

ネットで検索する以外の転職方法

ネットで探しても自分が望む会社が見つからない、、、どの転職サイト見ても同じ会社ばかり、、、、

私も転職活動した時そう感じました。

無職という訳にもいかないし、とりあえず(妥協して)応募しとくか、、

ちょっと待ってください、会社探しの段階で妥協してはダメです!

例えば、で探してみましたか?

「リクナビNEXT」などの通常の転職サイトとは異なり、エージェントの場合文字通り、自分の代わりに自分に合う会社を選んでくれることはもちろん、そもそも、こののエージェントサービスは登録しないと閲覧できない求人が多いのです!(ちなみに、リクルートエージェントの非公開案件10万件らしいです)

是非リクルートエージェントを活用して、自分にあう会社探しを加速しましょう!

公式サイト 

給与計算のミスを防ぐ方法

ミスを完全に防ぐのは難しいですが、減らす方法としては次のような方法だと思います。

チェックを増やす

2人以上でチェックしたり、チェックリストを作るなどでチェックの回数を増やします。

具体的な、給与計算上のチェックポイント・方法は「給与計算チェックリスト」 もご参照ください。

給与計算をシステム・自動化する

エクセルなどで給与計算を行う場合、人の手で行う箇所が多くなりミスが増えます。

下の様に給与計算ソフトを導入すればミスを防ぎやすくなります。

Excelで給与計算している人へ

社員数が少ないなどの理由で、給与計算ソフト買ってくれない、、、私も以前そういう会社にいました。

手計算はしんどいし、同じ計算を繰り返すのは無駄が多いですね。そんな時、私は社長に「は無料で30日間使えるから試してみていいですか? 」とテストで使い始めて社長を説得した経験があります。

気になる方は「 」の公式サイトをチェック!!

公式サイト 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

タップできるもくじ