給料ゼロ・休職後退職の源泉徴収票の社会保険料の書き方

給与なしで社会保険料を源泉徴収票に記載

タイトル通りなんですけれども、休職していた社員が退職しました。

傷病休職中なので給料を発生せず、 産休等でもないので社会保険料は免除になりません。

そのため本人から社会保険料を振り込んでもらっていました。

結論から言うと、この社員は今年の初めから休職しているので、源泉徴収票としては社会保険料のみが記載される形になります。

そのあたり調べてみました。

同じ源泉徴収票の問題である「退職日の記載がない源泉徴収票は使えますか?」も良かったらご覧ください。

タップできるもくじ

給与がないのに社会保険料を源泉徴収票に記載し発行していいのか?

そこでこれでいいのか?ふと疑問に思い、周りに聞いたり、税務署等に確認したりしました。

原則論で言えば 給料から差し引いた社会保険料のみを記載するということなので給料がない場合はそもそも発生していないということになります。

つまり、源泉徴収票を発行しない

控除金額のみの記載も可能

ただし特例として たまたま給料の支払いがない等で本人から徴収している場合でも給与から控除される 金額を含むとするという規定がある以上、どちらも可能ということになります

74・75-3 健康保険、厚生年金保険若しくは雇用保険の保険料又は確定拠出年金法の規定による個人型年金加入者掛金のように通常給与から控除されることとなっているものは、たまたま給与の支払がないなどのため直接本人から徴収し、退職手当等から控除し、又は労働基準法第76条《休業補償》に規定する休業補償のような非課税所得から控除している場合であっても、給与から控除される社会保険料等に含まれるものとする。(平2直法6-5、直所3-6、平13課個2-30、課資3-3、課法8-9改正)

国税庁HPより https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kihon/shotoku/16/02.htm

ネットで見てみると、どちらも確かに存在していて悩ましいところですが、勤め先の過去の給料を色々見てみて、前例に沿う形で 徴収していた社会保険料をそのまま記載する形で 源泉徴収票の発行しました。

このような二つの解釈がある場合の明確な判断基準がどこかにあれば、楽なんだと思うんですが、、、

従業員側から見れば、、、

まあ本人 (従業員側)からすれば 社会保険料を支払った証明が確定申告や年末調整で必要なので、その金額をありのまま記載するか、会社が領収書を発行するかなどの方法をとらなければいけないとは思います。

Excelで給与計算している人へ

社員数が少ないなどの理由で、給与計算ソフト買ってくれない、、、私も以前そういう会社にいました。

手計算はしんどいし、同じ計算を繰り返すのは無駄が多いですね。そんな時、私は社長に「は無料で30日間使えるから試してみていいですか? 」とテストで使い始めて社長を説得した経験があります。

気になる方は「 」の公式サイトをチェック!!

公式サイト 

書類選考の通過率は90%以上の転職エージェント

私も転職活動で感じましたが、書類選考に落ちるの、けっこうしんどいですよね。

転職エージェントのは、ひとりひとりの経歴をしっかりヒヤリングし、書類選考に受かる書類作成をサポートしてくれます!結果、書類選考の通過率は90%以上。

このNO-LIMITは、上場企業の株式会社アシロが運営する会計士専門の転職エージェントとして有名ですが、経理専門の転職エージェントでもあります

会計士専門と聞くとハードワークなイメージですが、

  • 「ワークラフバランスの実現など希望の転職が叶う」
  • 「経理・財務のテレワーク求人多数」

とPRしていることもあり、本人の希望に沿った求人をしっかり選んでくれます。

ネット・TVなどの広告もほとんど見ないサービスし、求職者のライバルも少ないと思うので、早く登録しておきたい1社です。

\ 会計士でなくても経理経験者ならOK! /

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる