退職日の記載がない源泉徴収票は使えますか?

退職日の記載がない源泉徴収票は使えますか?

年末調整や確定申告で必要となる源泉徴収票ですが、先日従業の方から「退職日の記載がない源泉徴収票は使えませんか?」と問い合わせがありました。

その時確認したことをまとめてます。

よく似た「給料ゼロ・休職後退職の源泉徴収票の社会保険料の書き方」も良かったらご覧ください。

タップできるもくじ

税務署・国税庁の作成の手引きでは

国税庁HP 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 などでは

年の中途で就職や退職した方については、「退職年月日を記載する」、とあります。

税務署へ電話で確認すると、、、

一応、税務署に確認したところ、

「退職日の記載がなくても、金額の確認書類なので使えますよ」

との返答でした。

ただ、市役所に送る支払調書とかだと、問い合わせがあるケースが過去にありましたが、、、

退職日は証明できない

以上のような税務上使えたとしても、

  • 退職日としての証明は使えないので、 市役所や各役所に提出する喪失証明の証明書としては使えない。
  • 競業禁止などの社内規定により、 副業を確認したい場合など退職日を確認したい場合には使えない。

ですね。

とにかく、事務担当者として受け取る場合は仕方ないものの、 源泉徴収票を発行し、渡す側としてはこのような記載漏れがないようにしたいものです。

同じの事務担当者同士、困るのもなんだか嫌ですし。

何より、会社の信用を失ってしまいます。

ネットで検索する以外の転職方法

ネットで探しても自分が望む会社が見つからない、、、どの転職サイト見ても同じ会社ばかり、、、、

私も転職活動した時そう感じました。

無職という訳にもいかないし、とりあえず(妥協して)応募しとくか、、

ちょっと待ってください、会社探しの段階で妥協してはダメです!

例えば、で探してみましたか?

「リクナビNEXT」などの通常の転職サイトとは異なり、エージェントの場合文字通り、自分の代わりに自分に合う会社を選んでくれることはもちろん、そもそも、こののエージェントサービスは登録しないと閲覧できない求人が多いのです!(ちなみに、リクルートエージェントの非公開案件10万件らしいです)

是非リクルートエージェントを活用して、自分にあう会社探しを加速しましょう!

公式サイト 

書類選考の通過率は90%以上の転職エージェント

私も転職活動で感じましたが、書類選考に落ちるの、けっこうしんどいですよね。

転職エージェントのは、ひとりひとりの経歴をしっかりヒヤリングし、書類選考に受かる書類作成をサポートしてくれます!結果、書類選考の通過率は90%以上。

このNO-LIMITは、上場企業の株式会社アシロが運営する会計士専門の転職エージェントとして有名ですが、経理専門の転職エージェントでもあります

会計士専門と聞くとハードワークなイメージですが、

  • 「ワークラフバランスの実現など希望の転職が叶う」
  • 「経理・財務のテレワーク求人多数」

とPRしていることもあり、本人の希望に沿った求人をしっかり選んでくれます。

ネット・TVなどの広告もほとんど見ないサービスし、求職者のライバルも少ないと思うので、早く登録しておきたい1社です。

\ 会計士でなくても経理経験者ならOK! /

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる