2021年版、総務・経理のおすすめ本ランキング20

本屋や職場などで見かけた気になる本を20冊集めました。

本屋に行くと実用書の総務・経理本コーナーを必ず訪れます。

本屋の規模によっては、数冊しかなかったり全くなかったりしますよね。

なので、今回は、当サイトで紹介して反響が多かった本や、同僚の総務経理社員などが持っている本を中心にオススメ本を集めています。

分かりやすく、売れている本と気になる本をそれぞれ10冊集めました。

  • 1~10:よく売れてそうな本(平積みなど)
  • 11~20:ちょっときになる総務経理本

仕事のお役に立てれば幸いです。

  1. 1~10:よく売れてそうな本(平積みなど)
  2. 1.小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本
  3. 2.総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本
  4. 3.小さな会社の給与計算と社会保険事務がわかる本
  5. 4.小さい会社の総務・人事・経理の仕事がわかる本
  6. 5.ひとりでできる 必要なことがパッとわかる 人事・経理・労務の仕事が全部できる本
  7. 6.資金繰りの不安がなくなる最高の方法
  8. 7.小さな会社の社会保険・労働保険の手続きがぜんぶ自分できる本
  9. 8.図解いちばんやさしく丁寧に書いた総務・労務・経理の本
  10. 9.図解と書式でやさしくわかる! 社会保険事務 最強ガイド
  11. 10.世界一やさしい 電卓の教科書1年生
  12. 11~20:ちょっときになる総務経理本
  13. 11.「労務管理」の実務がまるごとわかる本
  14. 12.これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~
  15. 13.リモート経理完全マニュアル――小さな会社にお金を残す87のノウハウ
  16. 14.一番わかりやすい! 税効果会計の教科書
  17. 15.最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本
  18. 16.会計ソフトのすき間を埋める 経理のExcel仕事術
  19. 17.雇用保険制度の実務解説 改訂第11版
  20. 18.社員がよろこぶ会社のルール・規定集101
  21. 19.人事・労務担当者のためのExcel&Wordマニュアル
  22. 20.80分でマスター! [ガチ速]簿記入門

1~10:よく売れてそうな本(平積みなど)

1.小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本

総務経理作業の大きな作業の流れが一通り書いてある本でとても分かりやすいと思います。

タイトル通り、これを読めば一通りの業務はできますね。

一冊あっても損はないと思います。

2.総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本

産休や育休など、古い経理事務担当者では知らないことも多い内容ですが、最近の動向も踏まえて書いてあるわかりやすい本です。

この手の産休・育休関連の本は少ないので、手元にあると安心です。

3.小さな会社の給与計算と社会保険事務がわかる本

給与計算と社会保険の実務が一通り書いてあり、これに沿って処理をすれば一通りの給与処理は出来るようになっています。

全てを見なくても、疑問に思ったときに読む辞書のように使えばいいかもしれないですね。

4.小さい会社の総務・人事・経理の仕事がわかる本

この本も総務経理人事などの事務担当者に必要な知識が盛り込まれている本です。

また、 小規模の会社の社長なども、一通り目を通しておいた方がいいかなと思う、経営全般もわかる本です。

5.ひとりでできる 必要なことがパッとわかる 人事・経理・労務の仕事が全部できる本

一年目の新人担当を例にとり人事経理をとりまく個人情報などの取り扱いも触れています。

6.資金繰りの不安がなくなる最高の方法

30年の経験をもつ税理士が資金繰りについて語ります。

税理士が書く本は文字ばかりの理論づくしで、実用的でないケースが多いですが、この本は資金繰り表のフォーマットも公開しており、すぐ使えるタイプの実用書になっています。

税理士に不信感のある人は、「税理士を変える方法~税理士事務所と社内経理の経験者が解説!」でふれてみたので良かったらご覧ください。

7.小さな会社の社会保険・労働保険の手続きがぜんぶ自分できる本

手続き別、事例別に書類のサンプルも多い上に、訂正方法などもていねいに書いて、いい一冊だと思います。

8.図解いちばんやさしく丁寧に書いた総務・労務・経理の本

9.図解と書式でやさしくわかる! 社会保険事務 最強ガイド

10.世界一やさしい 電卓の教科書1年生

電卓を買うと、細かい字の説明書のようなものがありますが、正直分かりづらいです。

個人的には、この「世界一やさしい電卓の教科書」がわかりやすくオススメです。

これを読んで電卓の使い方、”使いこなす方法”を理解するのが業務の効率化につながると思います。

11~20:ちょっときになる総務経理本

11.「労務管理」の実務がまるごとわかる本

堅そうなタイトルで、実際内容も専門家が書いているので簡単ではないですが、就業規則・通知書等の具体例が多く、ためになる本ですね。

12.これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~

多部未華子さん主演のドラマで有名ですよね。

総務経理作業において、大切なのは”心構え”だと思います。

何を大切に作業するか、どう考えるべきなのか、分かりやすく学べる作品です。

苦労したり苦悩する主人公の思いなどを共感できることも多く、エンターテイメントとしても面白いと思います。

度々この本を読んで、自分がやっていることが正しいかどうか振り返ったりしています。

13.リモート経理完全マニュアル――小さな会社にお金を残す87のノウハウ

コロナでリモートリモートと言われるようになっていますが、上手に実現できていますか?

この本は、「経費精算から決算まで出社ゼロで全部できる!」と書いてある通り、「リモート経理」導入フローチャートを順を追って説明してあり、リモートを導入している人もまだの人も、一読して損はないと思います。

14.一番わかりやすい! 税効果会計の教科書

15.最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本

16.会計ソフトのすき間を埋める 経理のExcel仕事術

すごい高度なことをしそうなタイトルですが、エクセル上級者しか読めない本ではありません。

会計ソフトを使っている人なら「あ、そうか」と気付くワンポイント講座のように読める一冊です。

17.雇用保険制度の実務解説 改訂第11版

18.社員がよろこぶ会社のルール・規定集101

社内ルール、社長に言われるままに作ったりして変なことになってませんか?

フリーアドレスやボランティア休暇などネットで探してもなかなか出てこないルール例も多く、この本は買う価値ありだと思います。

19.人事・労務担当者のためのExcel&Wordマニュアル

20.80分でマスター! [ガチ速]簿記入門

タイトルとURLをコピーしました