雇用保険の二重加入?取り下げ手続きってどうやるの?

先月入社した従業員が、雇用保険を払いたくないと連絡がありました。

バイトの従業員ですが、コロナの影響で前のバイト先の収入が減ったため、うちにバイトに来たようです。

(どうやら前のバイトはやめてないようで、”ダブルワーク”みたいです)

資格取得の手続きの際に、「雇用保険被保険者証」(番号)が見当たらないとのことで、前のバイト先の社名を聞き、ハローワークで検索してもらいましたが、見当たらず、マイナンバーで取得手続きをしました。

その従業員が、「前のバイト先でも雇用保険入っているのでここでは入りたくない」といいだしました。

こんな場合どうしたらいいのでしょうか?調べてみました。

タップできるもくじ

雇用保険加入の取り下げ手続き~「雇用保険被保険者資格取得・喪失等届訂正・取消願」を使う

ハローワークへTELで聞くと、二重加入している場合、

勤務時間ではなく「収入が少ない」会社の方が取り下げ手続きをしなくてはいけない、

みたいです。

そもそも複数の会社で雇用保険の加入はできないから、どちらかが取り下げないといけないみたいですが、

時系列で前後ではなく、収入の少ない方が取り下げするというのは、はじめて知りました。

取り下げは、被保険者の取得・喪失について訂正・取消をする場合と同じで、「雇用保険被保険者資格取得・喪失等届訂正・取消願」を使います。

雇用保険加入の取り下げ手続き~「雇用保険被保険者資格取得・喪失等届訂正・取消願」を使う

必要書類は、状況によりますが、

  • 労働者名簿
  • 賃金台帳
  • 出勤簿
  • 住民票・戸籍謄(抄)本
  • 被保険者証
  • 各種届確認通知書
  • 契約書
  • その他関係書類

と、多いので、取り下げ手続きはできるだけしたくないものです。

雇用保険の情報開示の従業員法~「雇用保険適用事業所情報提供請求書」を使う

そもそも、ハローワークへ電話で、従業員の加入状況を確認できればいいのですが、ハローワークは電話で個別の従業員情報の問い合わせには応じないようです(個人情報保護で)

電話では情報開示できないから、どうするかというと、「雇用保険適用事業所情報提供請求書」を記入してハローワークに提出すれば、雇用保険の加入状況の確認ができます。

こんなんです。↓↓

雇用保険の情報開示の従業員法~「雇用保険適用事業所情報提供請求書」を使う

用紙はハローワークにもありますので、記入してハローワークへもっていってもいいですし、郵送で返信もしてくれますよ。

そもそも雇用保険の二重加入ってあり得るの?

ちなみに、「二重加入ってマイナンバー制度があるのに、あり得るのですか?」とハローワークに聞くと、

マイナンバーが同じでも結婚の氏名変更で別名になる等で二重で加入ができてしまうケースがあるらしいです。

前々から、マイナンバーと雇用保険被保険者番号の両方いるのが不思議だったのですが、納得です。

というか、納得してはいけませんね。

マイナンバーに統一してほしいです(笑)

会社側の二重加入の罰則規定

今回の場合のような二重加入での罰則規定は雇用保険法には罰則規定がないので、会社側の懲罰としてはなさそうです。

また、令和4年1月から改正雇用保険法が施行され、65歳以上の高年齢者を対象とする二重加入の特例制度がスタートしてますので、この場合の重複加入はもちろんOKとなります。

あわせて読みたい!

総務・経理の求人、8割は非公開ってご存知ですか?

通常の求人の非公開は平均7割で、総務経理は約8割と言われています。

総務・経理などバックオフィスの求人は、求人自体が社内外問わず秘密な事が多く、会社の求める人材と高いマッチ率を求めるためです。

そのため、求人サイトに登録しないと見れない非公開案件は非常に多いのですが、登録には時間がかかり、何個も登録するのはしんどいですよね。

管理部門専門の中では転職決定率No.1の「MS-Japan」 が一番です。

理由は①業界最大級の求人数(多くから選べる)②幅広い給与水準の会社がある(年収300万~700万が81%)で、総務・経理の経験者なら自分にあう求人が見つかる確率が高いと思うから。

この「MS-Japan」 に無料登録して、非公開のいい会社を見てみましょう!

\無料1分で登録できます!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

タップできるもくじ
閉じる