2022年度(令和4年度)の雇用保険料率は変更!会社分は4月から、従業員は10月から

昨年は変更ありませんでしたが、令和4年度(2022年度)の雇用保険は変更されます!

今回は2段階の改正で、以下の様に年の途中で変わります。

  • 令和4年4月から、事業主負担の保険料率が変更になります。
  • 令和4年10月から、労働者負担・事業主負担の保険料率が変更になります

案内のパンフレットは以下のようになります。(厚労省「雇用保険料率について」より)

2022年度(令和4年度)の雇用保険料率は変更!会社分は4月から、従業員は10月から

毎年変更があることではないのでついつい忘れそうになります。

ここで間違えると7月頃の労働保険の申告をするときに大きく異なってしまいますし、各従業員の方に給与変更処理をすることになり、大変なことになります。

毎年この時期にはチェックする癖をつけたいものです。

タップできるもくじ

そもそも、雇用保険、失業保険とは

労災保険とは

労働者が業務上又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは死亡した場合に被災労働者や遺族を保護するため必要な保険給付を行うものです。

雇用保険とは

労働者が失業した場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職支援に使われます。

昔はありませんでしたが、ちなみに令和2年(2020年)4月以後は、64歳以上の社員についても雇用保険料が徴収されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

総務・経理の求人、8割は非公開ってご存知ですか?

通常の求人の非公開は平均7割で、総務経理は約8割と言われています。

総務・経理などバックオフィスの求人は、求人自体が社内外問わず秘密な事が多く、会社の求める人材と高いマッチ率を求めるためです。

そのため、求人サイトに登録しないと見れない非公開案件は非常に多いのですが、登録には時間がかかり、何個も登録するのはしんどいですよね。

管理部門専門の中では転職決定率No.1の「MS-Japan」 が一番です。

理由は①業界最大級の求人数(多くから選べる)②幅広い給与水準の会社がある(年収300万~700万が81%)で、総務・経理の経験者なら自分にあう求人が見つかる確率が高いと思うから。

この「MS-Japan」 に無料登録して、非公開のいい会社を見てみましょう!

\無料1分で登録できます!/

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる