前職の源泉徴収票がない社員の年末調整はどうするか?

前職の源泉徴収票がない社員への対応 についてですが 結論から先に言うと年末調整はできません。

今回はその理由などに触れていきたいと思います。

タップできるもくじ

国税庁の見解


国税庁発行の手引き書「年末調整のしかた」において、次の記載があります。

前職分の給与とその徴収税額については、その人が前の給与の支払者から交付を受けた「給与所得の源泉徴収票」などで確認することになりますが、その確認ができるまではその人の年末調整は見合わせてください。


つまり、前職の源泉徴収票がない従業員については、年末調整ができません。

年間の所得を調整するのが年末調整である以上、前職が不明であれば、調整しようがありません。

あとは従業員本人の問題になってしまい、従業員は自分で確定申告する必要が生じます。

前職があるかどうか

前職があるかどうかについては、本人が申告するかどうかが一つの分かれ目となると思います。

以前の職場では、大学生などで無職無収入の期間を、本人の署名で証明してもうらいう形で無職無収入証明書等を作成していました。

履歴書の前歴何と比較したり様々なやり方があると思いますが、もめるようであれば 確定申告という流れでいいと思います。

総務・経理の求人、8割は非公開ってご存知ですか?

通常の求人の非公開は平均7割で、総務経理は約8割と言われています。

総務・経理などバックオフィスの求人は、求人自体が社内外問わず秘密な事が多く、会社の求める人材と高いマッチ率を求めるためです。

そのため、求人サイトに登録しないと見れない非公開案件は非常に多いのですが、登録には時間がかかり、何個も登録するのはしんどいですよね。

管理部門専門の中では転職決定率No.1の「MS-Japan」 が一番です。

理由は①業界最大級の求人数(多くから選べる)②幅広い給与水準の会社がある(年収300万~700万が81%)で、総務・経理の経験者なら自分にあう求人が見つかる確率が高いと思うから。

この「MS-Japan」 に無料登録して、非公開のいい会社を見てみましょう!

\無料1分で登録できます!/

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる