年末調整-生命保険料控除証明書について

年末調整で一番該当者が多いのは生命保険料控除ではないでしょうか。

その分色々なケースを見ることが多いのですが、悩みやすいポイントをあげていきたいと思います。

また、

「令和2年分給与所得者の保険料控除申告書」の記入例、書き方、変更点、注意事項など

もよかったらご覧ください。

スポンサーリンク

本人名義以外の生命保険料控除証明書は使える(控除できる)か?

奥さんや両親など本人名義以外の場合、生命保険料控除は適用されるのでしょうか。

これは、国税庁のHPで「OK」と書いてます。

その保険料を支払ったことを明らかにした場合は、生命保険料控除の対象として差し支えありません。

 生命保険料控除は、居住者が一定の生命保険契約等に係る保険料又は掛金を支払った場合に総所得金額等から控除することができます(所得税法第76条第1項)。この生命保険契約等については、その保険金等の受取人の全てがその保険料等の払込みをする者又はその配偶者その他の親族(個人年金保険契約等である場合は、払込みをする者又はその配偶者)でなければなりませんが、必ずしも払込みをする者が保険契約者である必要はありません(所得税法第76条第5項、第8項)。
 したがって、保険契約者が保険料を支払うのが通例ですが、契約者の夫であるAが支払ったことを明らかにした場合には、Aの生命保険料控除の対象となります。
 なお、保険料を誰が負担するかによって、将来受け取る保険金の課税関係が異なる(贈与税又は一時所得として課税が生じる)ことに注意が必要です。

国税庁https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/gensen/03/35.htm

注意するポイントは「その保険料を支払ったのが誰か?」ですね。

だれが支払うかがポイントで、名義人自体は家族名義でもOKです。

ただ、前職の担当税理士がそうだったのですが、会社によっては「本人名義しか認めない」とルールを決めているケースもあるので、一応前例を確認しといた方がいいと思います。

スポンサーリンク

年の途中で解約した 生命保険料控除証明書 は使える(控除できる)か?

保険会社の乗り換えなど、保険会社を変えるのはよくあることですね。

これについても「OK」と国税庁のホームページで言ってますね。

その年中に生命保険契約の保険料を支払った場合には生命保険料控除の適用を受けることができますので、年の中途で解約した場合でも、解約までに支払った保険料について控除を受けることができます。

 この場合において、解約一時金は原則として一時所得となりますので、支払保険料の金額から控除する必要はありません。

また、剰余金の分配や割戻金の割戻しがある場合には、その金額を支払保険料の金額から控除しなければなりませんが、解約時に解約一時金とともに又は解約一時金の支払を受けた後に支払を受ける剰余金の分配や割戻金の割戻しの金額は原則として一時所得の収入金額に算入しますので、支払保険料の金額から控除する必要はありません。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1140_qa.htm

ただ、上の説明にもありますが、解約した際の一時金の扱いが所得の計算上必要になりますね。

スポンサーリンク

生命保険料控除証明書 はコピーはダメなの?

う~ん、何故かこういう人いますね。

これはもちろんダメですね。これをOKにすると、上に書いているように家族全員がそれぞれの会社で、”私が支払っている”と言って控除できてしまいますからね。

そういう意味で、保険会社の再交付が多い人も要チェックですね。

タイトルとURLをコピーしました