新型コロナの小学校休校等対応助成金の申請方法、事務処理方法(会社担当者向け)

新型コロナウイルスによる小、中学校の休校により生じた保護者の欠勤は、有給?、有給減無しの特別休暇?、申請方法は?どう対応したらいいでしょうか?

という質問が来ました。

過去に例のない助成金なので、よくわかりませんよね。私も色々調べたり、電話したりした内容をまとめていこうと思います。

(情報が次々更新されるので、経緯は最低限にして、直近の最終情報のみをわかりやすくまとめなおしました。これまで、このページをご覧頂いた方、すみません)

スポンサーリンク

助成金の制度の概要

新型コロナの小学校休校等対応助成金の申請方法、事務処理方法(会社担当者向け)

一言でいえば、コロナで子どもが小学校を休んだ際に、保護者が有給休暇を取得すれば、その日数の費用を国が(会社を経由して)支払うという仕組みです。

スポンサーリンク

助成金を受け取る為の条件

基本新型コロナ関連で子どもの休校等で休んだ場合は対象となります。

具体的には、

1.労働者の申し出により 、 令和2年2月27日から 同年9月30日まで の間に、以下のいずれかに該当する 有給休暇を取得させた こと 。

・新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業 等をした小学校等 に通う子どもの世話を保護者として行うための有給休暇
・新型コロナウイルス感染症に感染した又は風邪症状など 感染したおそれのある小学校等に通う子どもの 世話を保護者として行うための有休休暇

2.1の有給休暇は、 労働基準法の年次有給休暇とは別に付与すること

3.1の有給休暇は、 年次有給休暇の場合と同等の賃金が支払われるもの であること。

4.1の有給休暇を取得した労働者が、申請日時点において1日以上は勤務したことのある労働者であること。

スポンサーリンク

助成金はいくらもらえる?

もらえる金額は次の通りです。

対象労働者の日額換算賃金額 x 有給休暇の日数

対象労働者の日額換算賃金額とは、対象労働者の通常の賃金を日額換算したもので、

上限として

令和2年2月27日から3月31日までの休暇取得分は8,330円を超える場合は 8,330 円、

令和 2年 4 月 1 日から 9 月3 0 日 までの休暇取得分は、15,000円 を超える場合 は 15,000 円 です。

注意点として、有給休暇日数は、時間単位の休暇を含みます。

産休・育休手続きで悩んでる方へオススメの本はこちら↓↓

申請・手続き方法

印象としては、時間給の計算が面倒です。

また、従業員の署名、押印もいるので今回の有休とって退職した場合、あとで申請する時はややっこしいかもしれませんね。

支給申請期限

支給申請期間は 令和 2年3月18日~同年 12 月 28 日 まで 。

申請書の提出先

〒137-8691 新東京郵便局 私書箱132号 学校等休業助成金・ 支援金受付センター

つまり、ハローワークや年金事務所ではありません

必要書類

様式等はこちらからダウンロードできます。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

1.支給申請書:様式第1号① 

2.支給申請書: 様式第1号② 

3.有給休暇取得確認書 様式第2号 

4.(対象労働者ごとの)休暇取得が分かる出勤簿、タイムカード、休暇簿の写し等

5.(対象労働者ごとの)有給休暇を取得した月の賃金台帳、給与明細の写し

6.(対象労働者ごとの 雇用契約書、労働条件通知書、 勤務シフト表、 就業規則 (就業時間、休日部分 等の写し

7.通帳 見開き1ページ目)、キャッシュカードの写し 

・対象労働者の子にかかる小学校等からの臨時休業等のお知 らせ(ない場合は 様式第2号 有給休暇取得確認書 に臨時 休業 等 期間を記入)

問い合わせ、詳細な情報

・厚生労働省のリンク->「小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設しました

・問い合わせ先は->

 学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金コールセンター  TEL 0120-60-3999 (受付時間 9:00 21:00)

事務担当者の処理上の注意点

処理で注意が必要なポイントをまとめています。

処理の流れ

次のような流れになると思います。

  1. 休暇申請時に届出書を取るなど、理由をチェック
  2. 給与計算時に、年次有給休暇とは別の特別休暇などの処理を行い、いつもどおりの賃金を支払う
  3. 様式第2号の「有給休暇取得確認書」を、休暇を取得した従業員本人に書いてもらう。
  4. タイムカードなど必要書類を用意
  5. 様式第1号を記入し、申請

手続きが終われば、決定通知書が届き、振込まれます。

新型コロナ休校の保護者の有休?育児休暇?欠勤?処理~出退勤管理の方法~

現時点(3/12)ではうちの会社は「有休で処理、足りなければ付与」というのが、方針です。

今の会社では、まず

1.年次有給休暇を消化

2.消化しきれない又は有給がない人は、申請のある日数を付与する

流れです。有休がない社歴の浅い人やパートの一部の人も届出書を書いてもらい処理する予定です。(現時点で申請手続きにどのような書類が必要か公表されていない以上、どのように証明するかは不明でしたので、届出書という形で状況説明を従業員の方にお願いしていました。)

先に有休付与してから消化させるべきでは?

年次有給休暇のある人についても先に有休付与してから消化させるべきとの意見もあると思います。

これについては最寄りの労働局の雇用環境均等室が担当とのことでTELしました。

(手続きは申請窓口も含め何も決まっていないと返答があり、答えれることはほどんどありませんという雰囲気でしたが、、、)

ただ、従業員の現在の有休を消化して、後日助成金がでた段階で有休を付与するというのはOKとは教えてもらいました。(2020/3/12現在)

仮にこの返答通りなら、有休付与を後日されるので、従業員からすれば、その時に有休日数を回収できるという形になるのではないかと思います。

パートアルバイトの有休はどこまで付与していいの?

こういう質問もきました。有休を毎月31日取ってもいいのか?というタイプの質問だったり、これから勤務シフト決めるからどれくらいとったらいいの?というタイプの質問だったり、、、

申請書提出に必要な添付資料として、「勤務カレンダー」を求めている以上、過去分も求められる可能性が高いと思います。

そうなると、過剰に有休を申請しても拒否されたら、会社としては損となるので、これまでの勤務実態(勤務シフト)をベースに有休をとるように言ってます(週3来てた人なら、多くて週3とか)

この手続き会社の義務なの?

ただ、間違えやすいのが、これは「助成金」という流れをとっているだけあって「会社の義務」ではありません。(会社の義務としたいのなら「有休」ではなく、「祝日」などの「休日」にするはずですよね、、)

また給与処理上では、私は、通常の年次有給休暇と区別するため「特別休暇」という項目を使用しています。

「新型コロナ、通勤途中で感染したら労災認定されるのか?」

その他、
「通勤途中で感染したら労災認定されるのか?」
など、企業の労務担当者向けの質問も下記に乗っているので一度見られてはいかかでしょうか?

(通勤途中の感染は労災がが認めらるというような内容ですが、、、実務的には「医師が労災を認めるか(医師が通勤中の感染を認めるか?)」となると思うので、現実適用は難しいと思いますが、、、)

 

緊急事態宣言~総務経理担当者は何をすべきか~

総務経理担当者になったら手元に置いておきたい本7選

カレコ・カーシェアリングクラブのメリット・デメリット~会社の車関連固定費を見直す~ コスト削減~トランクルームや倉庫の活用を考える~

 

 

タイトルとURLをコピーしました