協会けんぽの健康保険料率、介護保険料率が令和2年3月分(4月納付分)から変更されます

協会けんぽの健康保険料率、介護保険料率が令和2年3月分(4月納付分)から変更されます

 

令和2年3月分(同年4月納付分)から全国健康保険協会(協会けんぽ)の「健康保険料率(基本保険料率と特定保険料率)」と「介護保険料率」が改定されます。

毎年この時期に行われる改定ですね。

給与ソフトなどの設定を変更しましょう。 変更内容は下記の二つです。

スポンサーリンク

1.健康保険料率(基本保険料率・特定保険料率)の改定

令和2年3月分(4月納付分)より、全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率(基本保険料率・特定保険料率)が改定されます。 都道府県によっては、健康保険料率の変更がない場合があります。ただし、内訳の「基本保険料率」と「特定保険料率」は変わります。

※詳細については、全国健康保険協会(協会けんぽ)のホームページをご参照ください。

スポンサーリンク

2.介護保険料率の改定

令和2年3月分(4月納付分)より、全国健康保険協会(協会けんぽ)の介護保険料率が「1.73%」から「1.79%」に改定されます。 介護保険料率は、都道府県で共通です。

スポンサーリンク

健康保険料率の変更のタイミング

前月分徴収の場合:令和2年4月の給与から新しい保険料で徴収されます。 当月分徴収の場合:令和2年3月の給与から新しい保険料で徴収されます。

・令和2年3月の賞与は、徴収区分に関わらず、新しい保険料で徴収されます。

そもそも健康保険料とは

健康保険料は、基本保険料と特定保険料はでできています。

基本保険料 協会けんぽの加入者に対する医療給付、保健事業等に充てるための保険料 特定保険料 前期高齢者納付金、後期高齢者支援金、退職者給付拠出金及び病床転換支援金等に充てるための保険料   基本保険料と特定保険料は、平成20年4月からの医療保険制度改正で出来ました。

特定保険料額および基本保険料額は、被保険者に対し、給与明細書に記載した方がいいとされていますが、まとめて合計記載しているケースが多いような気がします。

従業員の方へお知らせ

毎年の変更でなれている人もいますが、トラブル防止のためにも、給与明細のメモ機能などでお知らせした方がいいでしょうね。

 なお、令和2年4月分(同年5月納付分)から「子ども・子育て拠出金率」の改定も予定されています。 雇用保険の高齢者適用など修正が続きますが、間違えないようにしたいものです。

雇用保険関連記事はこちら

令和2年(2020年)4月から64歳以上の社員についても雇用保険料が徴収されます

育児、出産、子育て手続き~会社事務担当者向け~概要編

「育児休業給付金」の書き方、注意点

給与計算関連記事はこちら

給与計算の基本と流れ

給与計算チェックリスト~チェック方法やポイントなど~

給与計算を間違えた時の対応・処理方法

 

 

タイトルとURLをコピーしました