令和2年(2020年)4月以後は、64歳以上の社員についても雇用保険料が徴収されます

雇用保険料

2020年4月1日の時点で64歳の方も雇用保険の保険料徴収開始されます。

これまで64歳以上の方は雇用保険の保険料は免除されていました。

(雇用保険料が免除されるだけで、雇用保険の被保険者には変わりありません。適用除外ではない点に注意が必要です。)

スポンサーリンク

雇用保険被保険者の適用拡大の流れ

平成29年1月1日より雇用保険被保険者の適用範囲が拡大され、現在65歳以上の労働者も雇用保険の対象者です。

平成29年以前より雇用していた65歳の社員は平成29年1月の時点で、また平成29年1月以降に新たに雇用した65歳以上の社員がいる場合は雇用した時点から資格取得の手続きとなっていると思われます。

(適用範囲の拡大に伴い、平成29年1月の時点で取得手続きを取するはずが、雇用保険の資格取得漏れが発生している場合があります。再確認した方がいいでしょうね)

スポンサーリンク

雇用保険の適用前提、必要書類のおさらい

雇用保険の対象者は、1週間の所定労働時間が20時間未満である者または同一の事業主の適用事業に継続して31日以上雇用されることが見込まれない者です。

必要書類は

・個人番号(マイナンバー)
・前職での雇用保険被保険者番号(過去に加入している場合)
・就職時に65歳だった人を平成29年1月から雇用保険に入れる手続きを会社でしてない場合は、次の書類も添えてハローワークで手続きすることが必要です。

平成29年1月1日からの出勤簿、賃金台帳
遅延理由書(6カ月以上さかのぼって手続きする場合に必要。決まった書式は無いので任意様式となります。)

スポンサーリンク

いつから雇用保険を徴収するか?

令和2年の4月に締日がある給与から、64歳以上について雇用保険料の徴収が必要となります。

例えば
末締め翌月5日払いの会社 → 5月5日支給の給与から
10日締め当月25日払いの会社 → 4月25日支給の給与から
雇用保険料の徴収を行います。

詳しくは案内やパンフレットを

先日ハローワークでこんな案内も置いてましたよ。

詳しくは厚生労働省のサイトここをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました