「収益認識基準に関する会計基準」~工事進行基準がなくなるという話~

この数年、見たり聞いたりした話の中で、経理に関して一番驚いたのがこの話です。

今の仕事は違いますが、以前の職場はこの工事進行基準を使っており、建築業以外の仕事でも、ソフトウェアなどの作成、もしくは長期プロジェクトで動くような制作物を作っている会社の処理が該当してくると思います。

色々、読み進めると進行基準そのものがなくなるというよりは、利益も上乗せした形でした形で認識されるという事みたいです。

ポイントとしては、 工事進行基準の適用は現在、工事収益総額、工事原価総額、決算日における工事進捗度について信頼性をもって見積もることができる場合に、工事進行基準を適用されていますが、新会計基準では工事契約における履行義務が一定の期間にわたり充足されると判断される場合に、工事進行基準を適用することなります

また、原価回収基準について、これまで工事完成基準にて処理されていたのが、履行義務が一定の期間にわたり充足されると判断された場合、工事収益総額、工事原価総額、決算日における工事進捗度について信頼性をもって見積もることができなくとも、発生する費用を回収することが見込まれる場合には、原価回収基準を適用することになるようです。

発表元のサイトはこちらです。

タップできるもくじ

新収益認識基準の開始時期は?

スタート時期は令和3年4月1日以降開始する事業年度から強制適用されるようです。

対象となるのは?~建築業だけではありません~

本会計基準は、金融商品に係る取引やリース取引等を除き、顧客との契約から生じる収益に関して、「企業会計原則」に優先して適用されるという話のようです。

当面は監査を受ける会社が対象で、中小企業は対象外となりそうですが、企業会計原則より優先ということは、全ての企業が対象になるのは時間の問題ではないでしょうか?

総務・経理の求人、8割は非公開ってご存知ですか?

通常の求人の非公開は平均7割で、総務経理は約8割と言われています。

総務・経理などバックオフィスの求人は、求人自体が社内外問わず秘密な事が多く、会社の求める人材と高いマッチ率を求めるためです。

そのため、求人サイトに登録しないと見れない非公開案件は非常に多いのですが、登録には時間がかかり、何個も登録するのはしんどいですよね。

管理部門専門の中では転職決定率No.1の「MS-Japan」 が一番です。

理由は①業界最大級の求人数(多くから選べる)②幅広い給与水準の会社がある(年収300万~700万が81%)で、総務・経理の経験者なら自分にあう求人が見つかる確率が高いと思うから。

この「MS-Japan」 に無料登録して、非公開のいい会社を見てみましょう!

\無料1分で登録できます!/

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる