年末調整|住宅ローン控除申請書(住宅借入金等特別控除申告書)の書き方、記入例

きちんと説明すれば、1冊の本ができそうなぐらい細かい内容ですが、代表的な例で説明しますね。

一度やり方を覚えれば、対象期間内は毎年繰り返し使えます。

金額が人によっては何十万円となるので、きっちり処理しましょう。

スポンサーリンク

給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書の書き方、記入例

年末調整時の住宅ローン控除の書き方が上のようになってます。

下の部分の税務署証明欄と、銀行から送られてくる「残高証明書」を転記したら完成です。

ただ、取得年度や住宅ローンのタイプ、増改築などの家の建て方など様々な条件によって、この用紙の書き方が大きく異るので、注意が必要です。

住宅ローン控除の流れとして、家を買った後、確定申告をして翌年から年末調整をする流れとなります。

その際 税務署から送られてくる用紙に 基本的なことを書いてあるのでその通りにすれば翌年度からの年末調整は自然に出来ると思います。

スポンサーリンク

記入、処理上の注意点

右下の区分に注意

事務担当者の方は チェックする際は一番右下の「(平成30年中居住者用)」 などの この用紙の区分を示す箇所をチェックしていけば問題ないかと思います。

申請書の用紙がないけど、住宅ローン残高証明書だけで処理できないの?

毎年来る質問ですが、住宅ローン控除の期間を銀行側はわかりませんから、住宅ローン控除の期間が終了後も住宅ローンの残高証明書は郵送されます

単純に用紙を紛失したなら、税務署へ行けば再発行してもらえると思いますが、ないだけなら、住宅ローン控除が終わっている可能性があるので処理してはダメです。

詳細情報は・・

詳細はまた年末調整のしおりなどを見てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました