年末調整|住宅ローン控除申請書(住宅借入金等特別控除申告書)の書き方、記入例

きちんと説明すれば、1冊の本ができそうなぐらい細かい内容ですが、代表的な例で説明しますね。

一度やり方を覚えれば、対象期間内は毎年繰り返し使えます。

返ってくる金額が人によっては何十万円となるので、きっちり処理しましょう。

タップできるもくじ

給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書の書き方、記入例

年末調整時の住宅ローン控除の書き方が上のようになってます。

下の部分の税務署証明欄と、銀行から送られてくる「残高証明書」を上の記入欄へ転記したら完成です。

ただ、取得年度や住宅ローンのタイプ、増改築などの家の建て方など様々な条件によって、この用紙の書き方が大きく異るので、注意が必要です。

住宅ローン控除の流れとして、家を買った後、確定申告をして翌年から年末調整をする流れとなります。

その際 税務署から送られてくる用紙に 基本的なことを書いてあるのでその通りにすれば翌年度からの年末調整は自然に出来ると思います。

記入、処理上の注意点

右下の区分に注意

事務担当者の方は チェックする際は一番右下の「(平成30年中居住者用)」 などの この用紙の区分を示す箇所をチェックしていけば問題ないかと思います。

申請書の用紙がないけど、住宅ローン残高証明書だけで処理できないの?

毎年来る質問ですが、住宅ローン控除の期間を銀行側はわかりませんから、住宅ローン控除の期間が終了後も住宅ローンの残高証明書は郵送されます

単純に用紙を紛失したなら、税務署へ行けば再発行してもらえると思いますが、ないだけなら、住宅ローン控除が終わっている可能性があるので処理してはダメです。

詳細情報は・・

詳細はまた年末調整のしおりなどを見てくださいね。

総務・経理の求人、8割は非公開ってご存知ですか?

通常の求人の非公開は平均7割で、総務経理は約8割と言われています。

総務・経理などバックオフィスの求人は、求人自体が社内外問わず秘密な事が多く、会社の求める人材と高いマッチ率を求めるためです。

そのため、求人サイトに登録しないと見れない非公開案件は非常に多いのですが、登録には時間がかかり、何個も登録するのはしんどいですよね。

管理部門専門の中では転職決定率No.1の「MS-Japan」 が一番です。

理由は①業界最大級の求人数(多くから選べる)②幅広い給与水準の会社がある(年収300万~700万が81%)で、総務・経理の経験者なら自分にあう求人が見つかる確率が高いと思うから。

この「MS-Japan」 に無料登録して、非公開のいい会社を見てみましょう!

\無料1分で登録できます!/

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社で事務、経理などをしながら、総務・経理・簿記関係の情報を発信。
現場ならではの疑問点を書いてきます。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる