「令和元年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」の書き方、記入例、注意点

配偶者控除の申告書の書き方の説明です。

この書類も本人の申告がないと、事務担当者ではわからないので、従業員の方に間違いなく書いてもらうことが必要です 。

令和2年分となる「「令和2年分給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書」の記入例、書き方、注意点など」も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方、記入例

 

色々書く欄が多いですが、所得の内訳として給与所得や年金所得などの方が多いと思うので、収入から控除額を引いて所得を出す、という流れが理解してもらえばわかりやすかと思います。

また、この用紙と扶養家族の申告書での所得金額がずれてないかも念のため確認しといた方がいいと思います。

来年分の扶養控除申告書を提出してもらうケースが多いとは思いますが、目安にはなると思います。

スポンサーリンク

給与所得者の配偶者控除等申告書の注意点

・ 所得と収入を区別して記入が必要です。

・ 本人の合計所得が1,000万円をこえる場合、又は配偶者の合計所得見積が123 万円を超える場合、配偶者控除及び配偶者特別控除の適用を受けることはできません。提出前に再確認をお願いしましょう。

・ 給与所得の場合、上記の図ように収入区分によって所得金額が異なります。本人配偶者ともに該当する所得金額を記入してください。

<所得区分の例>
本人分 所得金額 ⇒
収入4,400,000 ÷4 = 1,100,000
1,100,000 x 3.2 - 540,000
= 2,980,000
配偶者分 所得金額 ⇒
収入950,000 - 給与所得控除 650,000
= 300,000
※この計算式は裏面、給与や年金などの所得区分によって異なります。

タイトルとURLをコピーしました