年末調整で家族の年金の特別徴収分の介護保険料を控除できるか

先日、親が受け取った年金の払込通知表を持ってきて、これを社会医療保険料控除にしてほしいと言ってきた人がいます。

家族が払った国民年金や健康保険料などの、いわゆる社会保険料を家族の分であれば控除できるという流れ、で言ってきているのだとは思うんですが。どうやら無理のようです。

年末調整-親族の年金の特別徴収の介護保険料を控除できるか

スポンサーリンク

国税庁のHPの見解

私も疑問に思いネットで色々探しましたが、この国税庁のHPの答えが正しそうです。

介護保険料などの社会保険料が、あなたの妻の公的年金から特別徴収されている場合、その社会保険料を支払ったのは妻になります。したがって、あなたが支払った社会保険料ではありませんから、あなたの社会保険料控除の対象にはなりません。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1130_qa.htm

う~ん、一応ネットで色々書いてあるので税務署に聞いてみましたが、税務署によれば、特別徴収ということは年金の受け取りをした親が払っているということ。

親自身が確定申告を行ってくださいとのことでした。つまり誰が支払った保険料かという観点ですね。

誰が支払ったかという意味では、年金から住民税なども引かれているので、そのあたりの問題も出てくるのかもしれません。

逆に、働きながら年金をもらってるなど、親族でなく本人分については控除可能との事でした。

対策としてよく見かけたのが、確定申告であれば、申告できるというものでした。これについても 確定申告の国税庁のホームページでできないと書いてあるのでおそらくできないと思います。

生計を一にする配偶者その他の親族が受け取る年金から引落し(特別徴収)されている国民健康保険料(税)や後期高齢者医療保険料、介護保険料は、あなたの控除の対象にはなりません。

なお、国民健康保険料(税)や後期高齢者医療保険料で、あなたが口座振替によりその保険料を支払った場合には、あなたの控除の対象となります。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2018/b/03/order3/3-3_12.htm

会社の総務経理としての仕事として、どこまでするべきか悩むときは多いです。

ただ年末調整のように「確定申告すれば同じことだから」と逃げることができるのであれば、そういういい方も保身術としてありかなと最近思います。

タイトルとURLをコピーしました